1. ホーム
  2. 展覧会スケジュール
  3. 線は、いのち。


線は、いのち。


収蔵企画展
線は、いのち。 終了しました
−「線」で見る日本絵画・工芸−








会期 2019年 5月25日(土)〜 8月18日(日)
会期中の休館日 毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、祝日の翌日(祝日の翌日が土・日曜の場合は開館)
[展示替え休館]6月24日(月)〜6月28日(金)
開館時間 午前9時30分〜午後5時
観覧料 一般510円(20名以上の団体は460円)
大学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は観覧無料
※学生証・障害者手帳等をご提示ください。
※都合により会期・内容が変更となる場合があります。
無料開館日:2019年6月15日(土)終日
 ※県民の日。当日はどなたでも無料でご覧いただけます。


展覧会の概要

目で見る芸術作品に無くてはならない「線」。
よく見てみると、じつに豊かな表情をもち、意外なはたらきをしています。
日本絵画・工芸作品の見かたを考える、
親子・若い人にもおすすめの鑑賞入門です。

文星芸術大学との連携「陶芸の技法研究 テーマ:影青(いんちん)」

本展では、文星芸術大学と連携し、同大の教育課程で取り組む「陶芸の技法研究」の成果を展示するコーナーを設けます。テーマは中国陶磁の古典的名品に見られる「影青」という技法で、素地をL字の刀で彫ることによって表情豊かな「線」の表現を獲得するものです。
@学生による制作品・制作過程パネルの展示
A学生によるギャラリートーク:2019年6月1日12:30〜12:50 終了しました

JakuchuSaichufu

JakuchuSaichufu

 

主な展示作品

  • 「線は、いのち。」展示作品リスト(PDF)

  • リストを一部修正しました(1点追加)

    @日本画(軸装ほか)
    [前後期で場面替]伊藤若冲《菜蟲譜》複製(原本は江戸時代)
    [前期]橋本雅邦《渓靄群鴉》、橋本関雪《磨祖図》
    [後期(予定)]松林桂月《竹林叭々鳥図》、高久靄香E大窪詩仏《芦華図》

    A日本画・洋画(額装)
    日本画:松本哲男《風の景》、田渕俊夫《東海道新幹線旅の途中下車二十景之内「刻」》
    洋画:伊藤清永《ばら》、加藤忠一《坐す》《立つ》作家蔵

    B陶芸
    板谷波山《淡黄磁牡丹文花瓶》当館寄託、板谷波山《唐花文茶碗》
    田村耕一《鉄絵ざくろ壺》個人蔵、前田正博《色絵花入》当館寄託
    島田文雄《彩磁山法師文大皿》当館寄託、島田文雄《トルコ桔梗文皿素案》

    ※前期後期で江戸〜近代日本画の展示替えを行います。
    各期約50点、のべ61点。

    会期中の催し物

    ■1)陶芸体験教室「素地を彫る「影青(いんちん)」に挑戦!」  終了しました
    磁器素地にL字の溝を彫ることで陰影ゆたかな線を描く「影青」を体験します。
    講 師:迎泰夫氏(陶芸家)
    日 時:6月1日(土) 午後1時〜4時
    定 員:20名(申込先着順)
    参加費:3,000円(予定)
  • 陶芸体験教室「影青」チラシ(PDF)

  • JakuchuSaichufu



    ■2)フレスコ画体験教室 終了しました
    地元産の石灰を使って西洋伝統技法「フレスコ」を体験します。
    講 師:加藤忠一氏(元文星芸術大学教授)
    日 時:7月20日(土) 午前10時30分〜午後4時
    会 場:栃木県石灰工業協同組合会館3階(美術館集合、移動に階段使用)
    定 員:15名(要事前申込、低学年は保護者同伴)
    参加費:無料 ※栃木県石灰工業協同組合協賛

  • フレスコ画体験教室「線であそぶ」チラシ(PDF)

  • JakuchuSaichufu



    JakuchuSaichufu



    JakuchuSaichufu




    ■3)フレスコ壁画見学会

    講 師:福島恒久氏(葛生伝承館壁画制作者)
    日 時:6月15日(土)午前11時〜12時 ※参加無料、申込不要。 終了しました
    ★葛生伝承館大壁画公開制作
    講 師:福島恒久氏(画家)
    日 時:6月1日(土)〜30日(日)各日午前8時〜11時頃
    ※申込不要、自由見学。不定休あり

    JakuchuSaichufu

    フレスコ見学会・公開制作チラシ(PDF)

    ■4)夏休みブックトーク 〜美術館ってどんなところ?〜終了しました
    本のソムリエが美術館についての本を紹介します。
    日 時: 8月3日(土) 午前10時30分〜午前11時30分
    会 場:吉澤記念美術館
    対 象:小学生と保護者1名
    定 員:10組(申込先着順)
    参加費:無料
    ※申込受付は葛生図書館(7月20日(土)〜、TEL:0283-86-3416)
    佐野市立図書館(葛生図書館) 
    ■5)作品鑑賞会 〜当館学芸員とご一緒に〜 終了しました
    場 所:美術館展示室(エントランス集合)※当日の観覧券が必要です。
    鑑賞会チラシ(PDF)

    @若い人たちのための鑑賞会終了しました
    7月24日(水) 12時30分〜(20分程度)
    図書館での勉強の息抜きに来ませんか?かつて若者だった方も歓迎です。

    JakuchuSaichufu


    Aいつもの作品鑑賞会
    6月15日(土)、8月17日(土)各日午後2時〜(30分程度)


    ごいっしょに

    ■線がテーマの展覧会
    ★「田村耕一の技D線で魅せる」
    2019年3月15日(土)〜6月30日(日)
    佐野市人間国宝田村耕一陶芸館

    ★「空間に線を引く―彫刻とデッサン展」
    2019年6月16日(日)〜7月28日(日)
    足利市立美術館 

    ■佐野市の文化施設等
    佐野市郷土博物館 
    佐野市葛生伝承館 
    佐野市葛生化石館
    佐野市人間国宝田村耕一陶芸館
    佐野市立図書館(葛生図書館) 





    予告なく内容・展示作品等が変更となる場合があります。あらかじめご了承下さい。
    吉澤記念美術館サイト内検索