1. ホーム
  2. 展覧会スケジュール
  3. ひそやかな別天地


ひそやかな別天地 −伊藤若冲《菜蟲譜》と江戸から近代の「絵の本」−


収蔵企画展
ひそやかな別天地
−伊藤若冲《菜蟲譜》と江戸から近代の「絵の本」−

【併催:吉澤コレクションの陶芸「壺中の天」】

伊藤若冲《菜蟲譜》(重要文化財)(部分)

※6/2〜24 のみ展示(前半部分6/2〜13、後半部分6/14〜24)



会期 平成30年 5月26日(土)〜 7月1日(日)
会期中の休館日 毎週月曜日
開館時間 午前9時30分〜午後5時
観覧料 一般510円(20名以上の団体は460円)
大学生以下・障害者手帳等をお持ちの方は観覧無料
※学生証・障害者手帳等をご提示ください。
※都合により会期・内容が変更となる場合があります。


展示会の概要

伊藤若冲《菜蟲譜》は「巻物」すなわち「本」の形式をとる絵画です。大坂の知人が若冲を「厚くもてなした」ことを契機に描かれました。若冲の代表作である「動植綵絵」が空間を荘厳する目的で描かれたのに対し、晩年の代表作のひとつである本作は、卓上や小さな部屋で、一人または少人数で鑑賞することを想定して描かれたプライヴェートな性格の強い作品といえます。
今回の展覧会では、巻物や画帖・版本など、「本」の姿とる絵画作品を展示し、その「見る人との距離が近い」という点に注目します。
右から左へ広げるに従い物語や名所が現れる「画巻/絵巻」、浮世絵師が物語を描いた躍動感あふれる「読本挿絵」(版本)、外国の珍しい動物を描いた「博物図譜」(版本)、海外の戦争の様子や地理を図解した「新聞挿絵」(版本)、江戸から近代にかけて流行した画家・文人による小品をアルバム状に仕立てた「画帖」などを展示します。近年あらたに収蔵した吉澤兵左家文書の古典籍をはじめ、初公開作品も多く予定しています。

そっと開くとそこに広がる、ひそやかな「別天地」をおたのしみください。


主な展示作品


横山大観「牧牛」『天霊地気画帖』より 当館寄託

【主な展示予定作品】
※表示のないものは当館蔵  ★=寄託 ☆=個人
伊藤若冲《菜蟲譜》寛政2年(1790)頃 当館蔵
片桐桐陰「拝石図」『江戸諸名家画帖』文化9年(1812)★
横山大観「牧牛」『天霊地気画帖』明治時代 ★
葛飾北斎画『新編水滸画伝』初編 文化2年(1805)★
狩野永納『本朝画史』元禄6年(1693)★
李息斎『竹譜詳録』(和刻)宝暦6年(1756)★
洋書調所訳『官板海外新聞別集』万屋兵四郎刊、文久2年(1862)★
三代歌川国貞画『木挽町歌舞伎座筋書』表紙 明治24年(1891)★





会期中の催し物

■めくるめく巻物体験・作品鑑賞会
・日時:5月26日(土)、6月10日(日)、6月17日(日) 
 巻物:午後1時〜 鑑賞会:午後2時〜(各30分程度)
・場所:美術館展示室(エントランス集合)※当日の観覧券が必要です。
・巻物体験:《菜蟲譜》のレプリカを使って、巻物を広げながら鑑賞します。
・鑑賞会:当館学芸員が作品解説を行いながら、皆さまと一緒に作品鑑賞を行います。

フレスコ画体験教室「地元産石灰を使って若冲を描こう!」
・6月23日(土)10:30〜16:00
・講師 栗又由美さん(絵画教室講師)
・定員 15人(要事前申込、低学年は保護者同伴)
・会場 栃木県石灰石工業会館3階(階段使用)
・参加費 無料 ※栃木県石灰工業協同組合協賛

・主催 栃木デスティネーションキャンペーン佐野推進・実行委員会、佐野市立吉澤記念美術館




予告なく内容・展示作品等が変更となる場合があります。あらかじめご了承下さい。
吉澤記念美術館サイト内検索